ホワイトニングのQ&A

ホワイトニングでどのくらい白くなる?

歯の密度や個人差などにより白さには限界があります。歯の色が真っ白になるわけではなく、若い頃の色に戻るとお考え下さい。

ホワイトニング中の注意事項は?

ホワイトニング直後は特に注意することがあります。それは色の濃い食事や飲み物、タバコなどです。タバコ、コーヒー、お茶、色の濃い食事(ソース料理やカレーなど)をとると元に戻ることもあります。最低でも1時間は注意しましょう。

後戻り、ホワイトニングの白さを保つには定期的にケアを受けましょう。

白さはどのくらい持続するの?

年齢や食事、生活習慣により色があともどりすることがあります。ただしホワイトニング前の状態(元の色)に戻ることはありません。定期的にオフィスホワイトニングで白さをキープしましょう。

個人差がありますが、3〜6ヶ月が白さを保つ目安です。

タバコを吸うと白くならない?

出来れば、ホワイトニング中はタバコなどは避けたほうがいいと思いますが、白くならないことはありません。吸わない方に比べて、ホワイトニングの効果が現れるのに時間がかかる可能性があります。

▲ページのトップへ

妊娠中・妊娠中のホワイトニング

使用する薬剤は高い安全性が認められていますが、妊娠中のホワイトニングにはデータがありません。胎児の影響も否定できませんので、たとえ安定期であっても避けたほうが良いでしょう。妊娠の疑いのある場合も同様です。

プラスチックの歯も白くなる?

プラスチックの歯をホワイトニングしても白くなりません。白くなるのは天然の歯(エナメル質のみ)です。プラスチックの詰め物やプラスチック冠、金属などは白くなりません。

プラスチック冠を白くしたい場合はセラミックなどに交換する必要があります。

神経がない歯も白くなる?

効果には差があります。多少の変色であれば白くすることは可能でしょう。ただし、明らかに黒く変色している場合は難しいでしょう。セラミックによる審美治療で交換する必要があります。

ホワイトニングが可能かどうかは検査を受けましょう。

ホワイトニングの薬剤の成分は?

過酸化水素や過酸化尿素などを使用します。これらは歯ぐきの消毒や傷の消毒などに使用されている薬剤です。また、害がないように濃度は低く調整をしてあり、飲んでも安全性に問題ありません。

虫歯があってもできますか?

虫歯がある場合にはできません。虫歯を治療してからにしましょう。虫歯がある状態でホワイトニングをおこなうと知覚過敏の症状が現れることがあります。

ホワイトニングの前には検査をしましょう。

マウスピース矯正で、歯列矯正をしながらホワイトニングも同時に行うことができます。
当クリニックは、金具を使用しないマウスピース矯正、クリアライナーの実施医療機関です。
スマイルラインを美しくする治療方法をご用意しております。

お聞きになりたい質問事項や、現在の状態での簡単な見積もりをご希望の方はご連絡ください。

▲ページのトップへ

ホワイトニング
治療に関するお問合せ
(C)Hakuho Dental Clinic All Rights Reserved.
サイト内のコンテンツ・情報の転用はお断りいたします。