いびきと睡眠時無呼吸症候群、いびき対策、手術不要。マウスピース治療でいびきを治す。東京都港区麻布十番の歯科医院|東京都港区

 いびきと睡眠時無呼吸症候群のマウスピース治療
 TOP
 いびきと無呼吸症
 マウスピース治療
 マウスピースの利点
 マウスピースの構造
 日常での防止策
 いびき治療の種類
 マウスピースの費用
 子供にマウスピース
 防止グッツの効果
 医院案内
お問い合わせ 03-3451-0840






 いびきの治療





いびき、睡眠時無呼吸症候群治療用マウスピース マウスピースを使用した治療(歯科装具)
上下一体型の装置です。
個人にあわせて製作するため高い効果を発揮します。
有効率は90%
既製品ではありません。

 マウスピースによるいびきと無呼吸症候群の治療


 2004年に厚生労働省が認可した新しい治療方法です。治療用に開発された特殊な形状のマウスピースです。口にはめ込むだけで極めて高い効果を発揮します。

 この方法は身体に負担をかけない新しい治療方法として、いびきと無呼吸症候群に用いられています。装着すると気道が開き空気が良く通るので、いびきや無呼吸が止まります。効果は高く有効率は90%です。

 手術や人工呼吸器を装着する治療と比べ身体の負担が少なく、小型のポケットサイズで旅行などに持ち運べます。いびき、無呼吸を簡単に治したい人はこの方法をお勧めします。

 ただし、歯がない人や鼻に病気があると適さないこともあります。ご希望の方は利点・欠点をご覧ください。


 マウスピースの構造
 このマウスピースはボクシングなどのマウスピースとは違います。マウスピースをはめ込むと気道(空気の通り道)が広がるよう特殊な形状をしています。空気が良く通れば抵抗が少なくなり、いびきや無呼吸症候群が治まります。

普通に口を閉じている状態。
気道が圧迫されます。
装置を入れた状態。
下顎を持ち上げ気道を開きます。
空気が通りいびき、無呼吸を防止します。

高い効果を得られます。有効率は90%。
いびきの治療用マウスピース 初回の検査で良好と判断した方のみ製作可能です。
上下の歯と顎の状態に合わせアクリル樹脂で製作します。



 いびきと睡眠時無呼吸症候群

  いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因は主に肥満、アルコール、加齢、鼻疾患、小顎などで、空気の通り道「気道」が圧迫され発症します。厚生労働省の報告では重度の無呼吸症候群では5年後の生存率は約80%(死亡率約20%)とされています。死因は突然死が殆どです。

 当医院ではいびき、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療を行っております。治療には簡易で効果の高い歯科装具と呼ばれるマウスピース(スプリント)を用いますので、手術の必要がありません。費用は6万円ほどです。

 通信販売や既製品ではなく医療器具です。








審美歯科・インプラント
 | 歯科衛生士
インプラント麻布十番ホワイトニング |入れ歯・部分入れ歯 
マウスピース矯正歯列矯正・部分矯正 |歯並び矯正インプラント


       サイト内のコンテンツ転用はお断り致します。