デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニング

マウスピース矯正は2000年代に入って登場した最新の矯正治療で、金具を使わずに透明なマウスピースを使用して歯を移動させることができるようになりました。透明な装置を使うことからクリアアライナーといいます。金具やワイヤーがないので、口の中に傷がつかずお勧めです。気になる出っ歯やすきっ歯の矯正を、目立たずに行うことができます。

マウスピースだけで歯が動くのか?と思う方も多いと思いますが、歯科の技術は日々進歩しています。これまでの考え方とは大きく異なる発想の治療方法のため、不思議に感じられるかもしれませんが、今後はワイヤーなどに変わって主流になるでしょう。

マウスピース矯正

マウスピース矯正。装着しているのがほとんどわかりません。

従来の矯正

従来の矯正。ワイヤーを装着しているのがわかります。

マウスピース矯正の歯を動かす仕組み

歯を動かす仕組みは予測にあります。どのような位置に移動させるか、または移動できるのかを予め予測をすることから始めていきます。

マウスピース矯正の流れ

マウスピース矯正の流れ

1. 歯を移動したい位置に設定をします。

2. いくつかのステップに分けてマウスピースを製作します。

3. マウスピースを口腔内に装着。

4. ステップにあわせて交換。

5. 予定の位置に移動して終了。

マウスピース矯正の利点

見た目に良い

装着前 装着後
装着前 装着後

透明なマウスピースです。ワイヤーなどに比べれば目立ちません。見た目が気になる方にお勧めです。

痛みが少ない(ほとんどない)

歯列矯正を経験している方はわかると思いますが、ワイヤーは口の中を傷つけ痛みが出ます。マウスピースは通常痛くありません。

食事がしやすい・取り外せる

取り外しが可能です。ワイヤーと異なり食事のときは外すことが出来ます。ワイヤー矯正では、舌や頬を噛んだで食事が出来なかった方も多いことでしょう。マウスピース矯正では外せますので、その問題がありません。

虫歯や歯周病になりにくい

ワイヤー矯正はブラッシングが難しく、虫歯や歯周病になることがありました。マウスピース矯正は取り外して歯を磨くことが可能です。当然虫歯や歯周病を予防することが出来ます。(ただし、歯を磨かなければ虫歯になります。)

ホワイトニングも同時にできる

矯正治療中にホワイトニングも同時にできます。

ホワイトニング前 ホワイトニング後

ホワイトニング前

 

ホワイトニング後

マウスピース矯正の欠点

歯を大きく動かすケースには不向きなことがあります。

マウスピース矯正の実例

マウスピース矯正前 マウスピース矯正後
マウスピース矯正前 マウスピース矯正後
マウスピース矯正前 マウスピース矯正後
マウスピース矯正前 マウスピース矯正後

短期間で治療をしたい方はセラミックをお勧めします。治療は最短で2回です。

当クリニックは、金具を使用しないマウスピース矯正、クリアライナーの実施医療機関です。
スマイルラインを美しくする治療方法をご用意しております。

お聞きになりたい質問事項や、現在の状態での簡単な見積もりをご希望の方はご連絡ください。

▲ページのトップへ

歯列矯正
治療に関するお問合せ
(C)Hakuho Dental Clinic All Rights Reserved.
サイト内のコンテンツ・情報の転用はお断りいたします。