歯列矯正治療の流れ

矯正治療には個人差がありますが、流れは以下の通りです。

診断と治療計画

矯正治療を始める前に、まず治療計画を立てます。必要な検査を行い、治療前の状態を記録し、治療中の歯の移動状態を把握するために必要な行程です。歯や歯茎の状態を検査し、顎のレントゲン、口の中と顔の写真、歯型をとったりします。

診断と治療計画 診断と治療計画

検査の結果のご説明

実際の歯形や、撮影したレントゲン写真を使って、治療に必要な装置、矯正期間、抜歯かどうか、治療に必要な費用についてご説明します。どのようなご希望があるのかなども、この段階でお知らせ下さい。

検査の結果のご説明

矯正治療前の虫歯治療

歯列矯正をする前には歯や歯茎の状態を健康に保たなければなりません。虫歯や歯周病、抜歯などが必要な方は矯正治療をする前に治しましょう。また、矯正治療の期間に虫歯や歯周病になってしまうと治療の進行に悪影響が出ます。これらを予防し、自己管理ができるようにブラッシング指導や注意事項をご説明します。

矯正装置の装着

ブラッシング指導などを受けて、全ての状態が整いましたら矯正装置が入ります。治療の内容には個人差があるため、時期や装置を分けて行なうこともあります。

矯正装置の調整

歯の移動状態に合わせて、3〜4週毎に矯正装置の調整をします。歯の移動は個人差があるため、期間は1年半から2年半程度です。長いと感じられるかもしれませんが、骨の中に埋まっている歯を移動させるにはこれくらいの時間が必要なのです。

歯の移動終了後のメンテナンス

歯が予定の位置に移動したら装置を外しますが、放置すると歯が元あった位置に戻ろうとする現象がおこります。いわゆる後戻りです。後戻りを防止するためにメンテナンス装置(保定装置)を装着します。定期的に微調整を行ない、終了時期を見極めます。簡単な矯正で6ヶ月から1年、一般矯正ではもっと長い時間が必要です。

当クリニックは、金具を使用しないマウスピース矯正、クリアライナーの実施医療機関です。
スマイルラインを美しくする治療方法をご用意しております。

お聞きになりたい質問事項や、現在の状態での簡単な見積もりをご希望の方はご連絡ください。

▲ページのトップへ

歯列矯正
治療に関するお問合せ
(C)Hakuho Dental Clinic All Rights Reserved.
サイト内のコンテンツ・情報の転用はお断りいたします。