*

出っ歯・すきっ歯|マウスピース矯正
出っ歯・すきっ歯|マウスピース矯正

〜いびき・睡眠時無呼吸症候群の治療・手術をしないマウスピース治療〜

マウスピース
いびきの治療
いびきの原因
いびきの防止
子供のいびき
無呼吸症候群
無呼吸症の症状
重大事故
医院案内

いびきの治療と睡眠時無呼吸症候群の治療

新しいマウスピース治療


=厚生労働省が新たに認可したいびき・無呼吸症候群の治療=

上下一体型のマウスピースを用いて呼吸を楽にします。
空気が通りいびき・無呼吸を防止し高い効果を得られます。
有効率は90%。手術や入院は不要です。



仕組みは↓の通りです。


正常な場合

気道は十分開いて、いびき・無呼吸はありません。






いびき・無呼吸


普通に口を閉じている状態。
気道が圧迫されます。






装置を入れた状態

下顎を持ち上げ気道を開きます。
空気が通りいびき、無呼吸を防止します。

高い効果を得られます。有効率は90%。


通信販売や既製品ではなく医療器具です。
歯の本数は上下で20本程度必要です。

 いびきがうるさいと言われている人は多いと思いますが、睡眠中に発生するいびきを自覚することは極めて難しく、ほとんどの場合家族や同僚から「うるさくて眠れない」「寝る部屋は別」などいびきの騒音を指摘されていることでしょう。

 いびきをかいていると一見熟睡しているように見ます。しかし実際には空気抵抗が生まれて通りが悪くいびきを発生しているため、呼吸が抑制され、眠りが浅く、ほとんどが睡眠不足に陥っていいます。一時的な軽いいびき程度であればそれほど問題にはならないと思いますが、毎晩いびきかいたり「呼吸が止まっている」などというときには身体機能にも特に注意が必要です。

いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因は主に肥満、アルコール、加齢、鼻疾患、小顎などで、空気の通り道「気道」が圧迫され発症します。厚生労働省の報告では重度の無呼吸症候群では5年後の生存率は約80%(死亡率約20%)とされています。死因は突然死が殆どです。

当医院ではいびき、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療を行っております。治療には簡易で効果の高い歯科装具と呼ばれるマウスピース(スプリント)を用いますので、手術の必要がありません。効果・有効率は90%です。治療をご希望の方はご連絡ください。










うるさくて眠れない
無呼吸の検査機関
子供のいびきの診療科
マウスピースの費用
CPAP
外科手術
無呼吸症と生存率


白宝デンタルクリニック TEL03-3451-0840

交通機関・診療日時



インプラントホワイトニング |入れ歯・部分入れ歯歯列矯正・部分矯正 |いびき治療