差し歯と詰め物

差し歯・詰め物の素材

今までの審美歯科は、虫歯や銀歯、入れ歯などを白い歯に作り変えることを中心に行われていました。

ところが、単に白い歯にしただけでは、時間の経過と共に変色したり、歯茎が黒ずんだりするなど、審美的に不都合な現象が出ることがあります。

黒い歯茎の原因は、金属によるものが大半です。口の中の金属が唾液により溶解され、歯茎や周囲の色を黒くしてしまうのです。また、溶け出した金属のイオンはアレルギー反応を引き起こすことがあります。「金属アレルギー」です。「金属アレルギー」は一度症状が出てしまいますと改善は難しく、深刻です。

現在の審美歯科では、これらの現象を防止でき、色調も大変美しい素材が用いられるようになりました。オールセラミックが代表的なものです。最も新しい差し歯では、歯の根元部分に「グラスファイバー」を使用し、全く金属を使わずに治療するところまで進んでいます。

差し歯の土台。2003年より日本でも使用され始めた新素材「グラスファイバー」の土台。金属特有の歯ぐきの黒ずみや金属アレルギーなどの心配がありません。 差し歯の土台。2003年より日本でも使用され始めた新素材「グラスファイバー」の土台。金属特有の歯ぐきの黒ずみや金属アレルギーなどの心配がありません。
オールセラミックスの差し歯。グラスファイバー同様に金属を使用しません。美しい「エンプレス」や、2005年になって国内でも可能になった新素材「ジルコニア」をなどがあります。 オールセラミックスの差し歯。グラスファイバー同様に金属を使用しません。美しい「エンプレス」や、2005年になって国内でも可能になった新素材「ジルコニア」をなどがあります。

差し歯の費用

短期間セラミック1本4万円〜
セラミックの詰め物2万円〜

費用一覧へ

当クリニックは、金具を使用しないマウスピース矯正、クリアライナーの実施医療機関です。
スマイルラインを美しくする治療方法をご用意しております。

お聞きになりたい質問事項や、現在の状態での簡単な見積もりをご希望の方はご連絡ください。

▲ページのトップへ

セラミック治療
治療に関するお問合せ
(C)Hakuho Dental Clinic All Rights Reserved.
サイト内のコンテンツ・情報の転用はお断りいたします。