セラミック治療について

歯を綺麗にするセラミック

歯を綺麗にするセラミック

審美治療には欠かせないセラミックの差し歯。これまでのセラミックは金属を使ったメタルセラミック(メタルボンド)が主流でした。メタルセラミックは経年変化で歯茎の色が黒くなる「歯茎の黒ずみ」の現象や金属アレルギーなどの問題がありました。

これらの身体に有害な問題点を解決したのがオールセラミック技術です。最も新しい技術では審美性はもちろん、耐久性も優れ、これまで不可能とされていた奥歯のブリッジなどにも使用することが可能になりました。当クリニックでは美しいエンプレスを使用しています。

セラミックの実例

歯並びが気になります。

 

オールセラミック・エンプレスで審美治療。
金属を使用しないので歯茎が黒くなりません。

奥歯の銀歯が気になります。

 

オールセラミック・エンプレスで美しく解決。
金属を使用しないので金属アレルギーの心配もありません。

海外製ではありません。

当クリニックで使用する素材は最も新しい素材と新技術のものを常に取り入れています。セラミックやグラスファイバーなどは国内でも定評のある優れたラボで一つ一つオーダーメイド製作をしています。

オールセラミック オールセラミック
当クリニックではオールセラミックの中でもハイクオリティタイプのみを使用します。優雅な審美性、強い耐久性。歯茎の黒ずみやアレルギーの心配もありません。
メタルセラミック(メタルボンドタイプ)ではスタンダードなものからアレルギーの出にくいタイプまで取り揃えています。 メタルセラミック(メタルボンドタイプ)ではスタンダードなものからアレルギーの出にくいタイプまで取り揃えています。
新素材ジルコニアを使用すると奥歯にも金属をまったく使わないオールセラミックが可能になりました。強靭な耐久性で奥歯のブリッジも可能です。 新素材ジルコニアを使用すると奥歯にも金属をまったく使わないオールセラミックが可能になりました。強靭な耐久性で奥歯のブリッジも可能です。
グラスファイバーの土台はこれまで主流になっていた金属の土台に変わる新素材です。金属を使用しないのでアレルギーや歯茎の黒ずみなどの変色がありません。 グラスファイバーの土台はこれまで主流になっていた金属の土台に変わる新素材です。金属を使用しないのでアレルギーや歯茎の黒ずみなどの変色がありません。

当クリニックは、金具を使用しないマウスピース矯正、クリアライナーの実施医療機関です。
スマイルラインを美しくする治療方法をご用意しております。

お聞きになりたい質問事項や、現在の状態での簡単な見積もりをご希望の方はご連絡ください。

▲ページのトップへ

セラミック治療
治療に関するお問合せ
(C)Hakuho Dental Clinic All Rights Reserved.
サイト内のコンテンツ・情報の転用はお断りいたします。